佐井好子

萬花鏡
ssw、詩人、画家。wiki
1975年録音。彼女のことを知ったのは、某レア盤専門店のサイトを見ていて、このなんとも形容しがたい表情のジャケットのLPに惹き付けられたのがきっかけでした。1970年代に出た4枚のLPは、1、2枚目と3、4枚目が一緒になって2枚組でのCD化でした。

このデビューアルバムが一番好きで、何度聴いたか分かりません。何か自分の心臓を自ら取り出して、ほら、これがアタシの心臓よ、と、はにかみながら見せているような変な血生臭さがあります。

アレンジが大野雄二さんで、ちょっとルパンぽいところもありますが、ルパンより前なんですね。
邦楽器の、琵琶と鼓を非常に効果的に使った、#5がいいです。#8の「二十才になれば、タバコをやめて~」の歌詞も最高です。
全体にこのアルバムは和の雰囲気があって好きです。この時点で22歳、恐ろしい才能です。

密航

1976年録音。2ndアルバム。
アレンジがクニ河内さんに変わって、控えめなアレンジが多いですが、彼女の唄がより際立っていいです。
「密航」ということで、前作と変わって、意識が外側に向かっていくテーマが多いのが印象的です。
文化の吹きだまりの島国、日本らしい感覚に満ち溢れて、素晴らしいです。
最後のタイトル曲#9の、「ふりかえれば地平線」の歌詞がいつまでも余韻として残ります。

CD化された4枚とも、音がいいですね。アナログ音源もこういう感じにデジタル化ができるのだなぁ、と感心します。



山下和仁

J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲 全曲

1990年録音。クラシックギタリスト。wiki

超名盤なので、余り書きませんが、これは本当によく聴いています。
彼が弾くと、初めからギターの為の書かれたような印象があります。
パワフルで繊細で、表現力が凄いの一言です。ホールにて全36曲、4日間で録音されたという事実も凄いです。

6番の動画がありました。


John Carpenter

Lost Themes

2015年リリース。アメリカの映画監督の初CD。wiki

大好きな監督(ホラー物は未見)なので、何も考えずに買いましたが、最高でした。

全曲シンセ中心のインストで、こういう電子楽器の音楽は基本的に聴かないのですが、彼らしい雰囲気の曲ばかりで、思わずニヤニヤしてしまいます。

#7連続した雨音のような音が印象的です。


ヤマカミヒトミ

音には色がある

2006年リリース。
サックス/フルート/鍵盤ハーモニカ奏者のヤマカミヒトミさんとピアニストの宮嶋みぎわさんの hitme & miggy 名義のCD。

全曲、どちらかが書いているのですが、曲がいいです。

ヤマカミさんは、一音一音、心意気があって歌心があって、素晴らしいです。

飾り気のない、生生しい楽器の音が何度聴いても飽きないです。




Ry Cooder

Live to Air

1974年のラジオのスタジオライヴ音源。
個人的には最も好きなライのアルバム、'Paradice and Lunch' のリリース直後で、メンバーもレコーディングと全く同じ様です。

選曲がちょっと地味ですが、演奏は素晴らしいです。
彼のギターはシンコペーションが強力で、惹きこまれます。

特に、#12、13のパワフルなアコースティックギターの生生しさは凄いです。

映像も残っています。


Anner Bylsma

J.S.Bach: Suites for Violoncello Solo

オランダのチェロ奏者。wiki
バッハの無伴奏チェロ組曲。1979年録音。バロックチェロ(古楽器)を使ったもの。
 ライナーノートの中で、彼の語ることがとても興味深いです。同業者のバッハを聴いていると飽きてしまうが、当初は自分で弾いても飽きてしまう、こんなことでいいのかと愕然とした、とあります。
この録音は、組曲本来の舞曲として捉えて弾く、と彼の言う通り、全体に軽快でリラックスして聴けますし、飽きません。バロックチェロ独特の音色も、その大きな一因だと思います。普段はこちらを聴く事が多いです。

同じく1992年録音。
使われているのがストラドの1701年製、「セルヴェ」と呼ばれる大型のチェロで、全体的に音の重心が低く、低音はもの凄いエネルギーです。初めて聴いた時はかなりびっくりしました。
テンポの付け方にメリハリがあって、非常にドラマチックな演奏ですが、早いパッセージでも音がクリアなので、そこでまた圧倒されます。
上の79年盤を経て到達した彼のバッハは本当に素晴らしい。誰かも書いていましたが、これを聴いていると私も宮澤賢治の小説を思い出します。

Dolores Keane

There was a maid
1978年作。アイルランドの歌手。wiki
アカペラで淡々とトラディショナルソングを唄う彼女が聴けます。何か音楽の原点のような感じがしますが、無伴奏でここまで聴かせられる歌い手は、なかなか居ないと思います。
小節(こぶし)が独特で、素晴らしいです。




Sail Og Rua (with John Faulkner)
1983年作。当時の夫である、ジョン・フォークナーと3枚のアルバムを作り、全て傑作でよく聴きますが、#1 Jimmy Mo Mhíle Stór がとても素晴らしい曲ですので、このアルバムを載せておきます。ちなみに、この曲はノルウェーのリタ・エリクセンと作った、Tideland というアルバムでも唄っています。そちらは日本盤だと訳が載っていて、この曲の意味が分かります。

 Anthem  (De Danann)
1985年のデ・ダナンというトラディショナルなバンドのもの。
これに入ってる、ビートルズのカバー、Let it be をラジオを聴いて、彼女の仕事を追いかけるようになりました。
アイルランド民謡のダニー・ボーイのメロディーに載せた、#7 Anthem for Ireland アイルランド讃歌がいい。そのボーカルもドロレス。このアルバムにはアイルランドを代表する3人の歌姫が会しています。



Ballroom (De Danann)
同じくデ・ダナンの1987年の作。
#2 Teddy O'Neill この曲は非常に綺麗な旋律で泣けてきます。
リールやジグなどのダンスチューンもご機嫌な演奏で、そういった曲の合間にドロレスのボーカルの入る曲が入るので、あっと言う間に聴き終えてしまう、大好きなアルバムです。



Night Owl
1997年作。コンテンポラリー路線以降、最も好きなアルバム。全編アコースティック楽器の演奏で、パイプの使い方が素晴らしい。歌詞も重いのが多いですが、彼女の声の重さと相まって、とても説得力のある歌になっています。




Jimmy Mo Mhíle Stór